金八データベース 3年B組金八先生・第6シリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • Clip to Evernote
  • Share on Tumblr

基本情報

タイトル 3年B組金八先生
製作著作 TBS
制作 TBS ENTERTAINMENT
放送期間 2001年10月11日〜2002年3月28日
放送時間 木曜 21:00-21:54
放送回数 23回
原作・脚本 小山内美江子
プロデューサー 柳井  満
演出 福澤 克雄、三城 真一、加藤  新、生野 慈朗
音楽 城之内ミサ
主題歌 「まっすぐの唄」海援隊
放送形式 映像:HD(初放送時はSD放送)/音声:ステレオ/字幕
公式サイト http://www.tbs.co.jp/kinpachi/series6/
※2014年3月頃に閉鎖。現在はファイナルのサイトに転送される。
ソフト化 VIDEO:○/DVD:○(BOX販売あり) ※詳細はグッズ情報

このページのトップへ

あらすじ

金八(武田鉄矢)が担任する3年B組に、鶴本直(上戸彩)と成迫政則(東新良和)という2人の無口な転校生がやってきた。直は服装を注意した校長(木場勝己)にたてつき、父親(佐戸井けん太)が殺人事件で服役している政則はいつか自分も人を傷つけるのではないかと悩んでいた。

そんななか、金八の長男・幸作(佐野泰臣)が悪性リンパ種で緊急入院。金八は狼狽し、幸作も自暴自棄となる。健次郎(風間俊介)をはじめかつてのクラスメートは、幸作を励ますために文化祭で3Bにソーラン節を踊って欲しいと願い、実現する。

直は、海外から帰国した父(藤岡弘)に男装で会いに行くが、おまえは女の子だと言われ自分の喉をフォークで突いてしまう。直の母(りりィ)は、金八に直が性同一性障害であることを打ち明けるのだった。また、父親のことがクラスに知れた政則は教室を飛び出す。このことがきっかけとなり、北村充宏(川嶋義一)と直はけんかとなるが、直はその場で自分は男だとカミングアウトし、3Bは騒然となる。

直は、同じ障害を抱える生徒が学ぶ定時制高校への進学を決意。卒業式にはスーツ姿で出席し、校長から制服で出席しなかった事で叱責を受けるが、3Bの後押しもあり卒業証書を受け取る。そして答辞では政則の制服を借り、学ラン姿で自分を受け入れてくれた桜中学へ感謝の意を表した。また金八も、教育委員会への異動のため、卒業生とともに桜中学を去ることとなる。最後は、思い出のソーラン節で桜中学に別れを告げた。

このページのトップへ

キャスト

桜中学職員

役名(補足) 出演者名
坂本 金八(国語) 武田 鉄矢
渡辺 花子(家庭科) 小西 美帆
遠藤 達也(理科) 山崎銀之丞
小田切 誠(英語) 深江 卓次
小林 昌義(数学) 黒川 恭佑
ジュリア・ローソン(A.E.T) サリマタ・ビビ・バ
乾  友彦(数学) 森田 順平
国井教頭 茅島 成美
北  尚明(社会) 金田 明夫
本田 知美(養護) 高畑 淳子
千田校長 木場 勝己
八木 宏美(音楽) 城之内ミサ

3年B組生徒

役名(補足) 出演者名
今井  儀 斉藤 祥太
嘉代 正臣 佐々木和徳
北村 充宏 川嶋 義一
小堀 健介 佐藤 貴広
近藤 悦史 杉田  光
菅  俊大 途中 慎吾
長澤 一寿 増田 貴久
成迫 政則 東新 良和
信太 宏文 辻本 祐樹
長谷川 賢 加藤 成亮
前多平八郎 田中 琢磨
安原 弘城 竹沢 正希
山越 崇行 中尾 明慶
山田 哲郎 太田 佑一
山本 健富 高橋 竜大
青沼 美保 本仮屋ユイカ
赤嶺 繭子 佐藤めぐみ
江藤 直美 鈴田 林沙
笠井美由紀 高松 いく
風見 陽子 中分  舞
木村 美紀 森田このみ
笹岡あかね 平  愛梨
下田江里子 須堯 麻衣
榛葉 里佳 住吉 玲奈
鶴本  直 上戸  彩
長谷川奈美 中村 友美
馬場 恭子 金沢 美波
星野 雪絵 花田亜由美
本田奈津美 谷口 響子
森田 香織 松本真衣香

そのほかの主な登場人物

役名(補足) 出演者名
坂本 乙女 星野 真里[星野 真理]
坂本 幸作 佐野 泰臣
大森巡査 鈴木 正幸
道政 利行 山木 正義
道政 明子 大川 明子[村野 仁美]
兼末健次郎 風間 俊介
安井ちはる 岡 あゆみ
池内 友子 吉行 和子

このページのトップへ

スタッフ

エトセトラ

このページのトップへ

サブタイトル

  • サブタイトルは新聞ラ・テ欄に掲載されたものを記載。
  • サブタイトルの()はすべて○囲み。
回数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 2001.10/11 スタートスペシャル 不気味な転校生が二人 福澤 克雄 19.5
第2回 10/18 ボクの心の闇は深い 生野 慈朗 17.4
第3回 10/25 ガン告知の時… 福澤 克雄 16.4
第4回 11/1 ヨキ父とヨキ教師 三城 真一 17.7
第5回 11/8 踊れ!ソーラン節 加藤  新 18.2
第6回 11/15 父さんアンタが憎い 福澤 克雄 18.5
第7回 11/22 同性愛と異性愛 三城 真一 16.5
第8回 11/29 見捨てられた子供達 福澤 克雄 16.4
第9回 12/6 子に捨てられた親 加藤  新 13.6
第10回 12/13 皆、悩んで生きている 三城 真一 15.3
第11回 12/20 年末スペシャル ワタシは男?それとも女? 福澤 克雄 18.4
第12回 2002.1/10 友情の証し 福澤 克雄 18.9
第13回 1/17 3年B組立志式 三城 真一 17.5
第14回 1/24 希望が萌える春 加藤  新 17.1
第15回 1/31 お腹の子供が動く 福澤 克雄 15.3
第16回 2/7 人生で一番輝く日 三城 真一 16.5
第17回 2/14 出会いサイトの罠 加藤  新 15.9
第18回 2/21 直と政則(1) 福澤 克雄 16.6
第19回 2/28 直と政則(2) 福澤 克雄 18.4
第20回 3/7 直と政則(3) 加藤  新 17.1
第21回 3/14 鶴本直 福澤 克雄 16.5
第22回 3/21 卒業直前スペシャル アタシは直を許さない! 三城 真一 17.1
最終回 3/28 卒業スペシャル サヨナラ3Bサヨナラ桜中学 福澤 克雄 20.1

備考

  • 放送時間拡大…第1,11,22回・21:00-22:54、最終回・21:00-23:24
  • 放送休止…12/27・「超豪華年末ドラマSP・ナンバーワン」放送のため、1/3・「フードバトルクラブ!今世紀最強の大喰い王グランドチャンピオン決定トーナメント決勝」放送のため
  • 平均視聴率…17.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

このページのトップへ

メモ

  • これまでのテレビドラマではまず取り上げられる事のなかった、「性同一性障害」というテーマに挑戦した第6シリーズ。脚本の小山内美江子は、ドラマで取り上げる題材としては非常に難しく、この障害に悩む「鶴本直」という役柄を演じられる資質を持った役者がいなければ、このテーマを断念する以外はないと思っていたそうだが、当事者である虎井まさ衛氏の協力が得られたこと、そして、役を演じた上戸彩と出会えたことは大きかったと、のちに語っている。放映当時は現在に比べ、性同一性障害に対する認知度がまだまだ低く、法的にも戸籍訂正が一切認められていなかったが、シリーズ終了後には一部戸籍訂正が認められるなどの変化が起きた。奇しくも最終回当日、女性競艇選手であった安藤千夏選手が性同一性障害であり、男性への性別適合手術に向けて治療を受けている事を公表。男性選手(名前・安藤大将)への登録変更の申し出を受けた全国モーターボート競走会連合会は、それを認めたというニュースが流れた。(安藤選手は2005年9月8日引退)
  • 今シリーズは「性同一性障害」の他に、金八の息子・幸作が「悪性リンパ種」で入院し、家族や仲間と共に病と闘うというエピソードも盛り込まれた。これに伴い、級友である第5シリーズの卒業生が数多く登場した。他シリーズに比べ、卒業生の登場頻度が多かった事もあり、この点については賛否両論あった。
  • 長年独身を貫いてきた乾先生(森田順平)が、このシリーズでケアセンターの小椋英子(原日出子)と晴れて結婚した設定になっている。
  • 8月1日から一週間行なわれた3B生徒オーディション。今回の応募人数は男子352名、女子863名の総勢1215名。全ての応募者と面接をし、その中から男女15人ずつが選ばれた。生徒の役名は第5シリーズと同様、基本的に脚本家・小山内美江子が代表を務める「JHP・学校をつくる会」で、ボランティア活動している方々の名前を拝借し、名づけられた。一部の生徒の名前は文字を変えるなどの手が加えられている場合や、全くのオリジナルである可能性もある。なおこれに関連して、今シリーズの生徒名「山越崇行」「近藤悦史」の名が、第5シリーズの卒業式でそれぞれ3A,3Cの生徒名として使われているという珍現象が起きている。
  • 第5シリーズ同様、HD制作(ハイビジョン制作)されたが、地上波初放送時に地上デジタル放送は開始されていないため、SD画質にダウンコンバートして放送された。初のHD放送は、2004年9〜10月の地上波TBSでの再放送と思われる。(地上デジタル放送は2003年12月(3大広域圏のみ)スタート)

このページのトップへ

データベース参考資料

  • 3年B組金八先生(第6シリーズ) 本放送分
  • 「3年B組金八先生 夏休みの宿題」筋書きプログラム
  • 「25年目の卒業 さようなら私の金八先生」小山内美江子 著(講談社)
  • 朝日新聞

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • Clip to Evernote
  • Share on Tumblr