金八データベース 3年B組金八先生スペシャル1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • Clip to Evernote
  • Share on Tumblr

基本情報

タイトル 3年B組金八先生スペシャル
サブタイトル 贈る言葉
製作著作 TBS
放送日 1982年10月8日
放送時間 金曜 19:00-20:54
放送回数 1回
脚本 小山内美江子
プロデューサー 柳井  満
演出 生野 慈朗
音楽 瀬尾 一三
主題歌 「贈る言葉」海援隊
放送形式 映像:SD/音声:モノラル
ソフト化 VIDEO:○/DVD:○(コンプリートBOXに収録) ※詳細はグッズ情報

このページのトップへ

あらすじ/番組情報

金八(武田鉄矢)は里美(倍賞美津子)と結婚していた。2か月後には子供の誕生も控えており、憧れの悦子(名取裕子)に失恋したショックからも立ち直り始めていた。

そんなとき、東條絹子(平山裕美)たちが同窓会を開くことになったのだが、生徒たちの集まりが悪い。その上、保(鶴見辰吾)が浮気し、雪乃(杉田かおる)との不仲が同級生たちの間で囁かれていた。

いっぽうで吉村孝(小山渚)は留年して欠席がちになっていたところを、パチンコ屋で川村(三木弘子)に発見される。良夫(羽沢匠)は幹事なのに働かないと皆に責められ、人集めに必死になる。弥市(大堀英樹)は拳法を活かして自衛官を志望していると知り、金八や里美は動揺し君塚(赤木春恵)にも相談する。その頃、麗子(三原順子)の婚約者が交通事故に遭ってしまう。

そして同窓会の当日。金八は元生徒たちの前で日本国憲法を読み上げる。麗子の相手は亡くなり、ユカリ(北川愛)は遠くへ旅立とうとしていた。金八はこの憲法の理想に合う社会人になれるかと問い、「一生懸命生きることが美しいような社会を作っていってほしい。これが私が贈る言葉です」と語る。


新聞番組解説

昭和五十四年十月から半年間放送した当時の「3年B組金八先生」のレギュラー出演者をキャストに迎え、三年後の同窓会を軸にそれぞれの生活を描く。

このページのトップへ

キャスト

桜中学職員

役名(補足) 出演者名
坂本 金八(国語) 武田 鉄矢
田沢先生(美術) 名取 裕子
国井先生(理科) 茅島 成美
野村教頭 早崎 文司
乾先生(数学) 森田 順平
伊東先生(体育) 福田 勝洋
服部先生(社会) 上條 恒彦
池内先生(家庭科) 吉行 和子
君塚校長 赤木 春恵

3年B組卒業生

役名(補足) 出演者名
安藤  卓 岩谷 健司
池野 国広 田島 理司
梅原  明 芹沢安比沙
岡村 一男 高橋 幸喜
梶浦 裕二 野村 義男
沢村 正治 田原 俊彦
志岐  誠 土屋  到
鈴木 良夫 羽沢  匠
高倉  勇 館川 喜年
田中 康一 新井つねひろ
九十九弥市 大堀 英樹
中尾 友行 米村 知晃
平山 英吉 茂木 昌則
星野  清 近藤 真彦
宮沢  保 鶴見 辰吾
吉村  孝 小山  渚
浅井 雪乃 杉田かおる
阿部トシエ つちやかおり[土屋かおり]
江崎 花代 小室 和代
大野 正枝 金久保美幸
越智はるみ 藤島ジュリー景子
笠原ユカリ 北川  愛[石川よし子]
神保 文子 山口 仁子
瀬戸 克江 長谷川純代
園田エミ子 荒井恵美子
東條 絹子 平山 裕美
畑中 マミ 大綱めぐみ
福田 茂子 志茂 由佳
屋島みゆき 一番ヶ瀬容子
安恵美智子 小林 聡美[小林 聰美]
山田 麗子 三原 順子[三原じゅん子]
横山 敏子 深野いずみ

このページのトップへ

スタッフ

エトセトラ

このページのトップへ

メモ

  • 「金八」初の2時間スペシャル。第1シリーズ卒業生のその後をメインとして制作された。以後、年に1本のペースでスペシャルが制作されることになる。今回のスペシャルで金八は同僚のアマゾネスこと天路先生とすでに結婚しており、2か月後には第一子が生まれる設定になっている(天路先生は楓中学に異動)。第1〜2シリーズを見ていれば、金八が好意を抱いていたはずの田沢先生となぜ結婚しなかったのか?と疑問を抱く人は少なくないと思うが、劇中の金八の語りから推察すると、田沢先生のかつての恋人がケンブリッジ大学からある日突然帰国。後にその恋人と婚約話まで進展したらしく、金八は失意の底に。しかしその後、金八は密かに思いを寄せていたと思われる天路先生との恋愛・結婚に発展した模様。一方、田沢先生の婚約話は最終的に破談となったようで、婚約していた恋人は田沢先生と金八の結婚式に出席した後、再びケンブリッジ大学へ戻ってしまったという。金八は「私にとっての悲劇は、まさに喜劇でもありました」と語っているが、「里美との結婚生活を後悔してるという事では絶対にない」とも語っている。
  • 3年B組の教室で行った同窓会には、婚約者が事故死した山田麗子(三原順子)と笠原ユカリ(北川愛[石川よし子])が欠席した。ユカリは男に連れ去られた後、ひとり電車でどこかへ旅立ってしまったが、これは北川[石川]が今回のスペシャルに出演する際、「もう出ないからこれで最後にしてください」とスタッフに頼んだところ、そういう役回りにされてしまっていたのだという。なお、ユカリは「金八ファイナル」の金八先生の卒業式に29年ぶりに姿を現した。
  • 金八先生の教えで最も有名であろう「“人”という字は人と人が支え合ってできている」が初めて登場したのがこのスペシャルである。その後もスペシャル4や第4シリーズなど、度々登場した。ちなみに第4シリーズでは教えを聞いた佐藤賢治(反田孝幸)が「“入”もそうですね」と冷静に突っ込んでいた。
  • 視聴率…33.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

このページのトップへ

データベース参考資料

  • 3年B組金八先生スペシャル 2003年再放送分
  • 「3年B組金八先生 卒業アルバム 桜中学20年の歩み」古沢  保 著(同文書院 刊)
  • FLASH EXCITING 2004年12月5日増刊号
  • 朝日新聞縮刷版

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • Clip to Evernote
  • Share on Tumblr