金八データベース 3年B組金八先生ファイナル(スペシャル12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • Clip to Evernote
  • Share on Tumblr

基本情報

タイトル 3年B組金八先生・ファイナル〜「最後の贈る言葉」4時間SP
※番組での表記は「3年B組金八先生-ファイナル-」
製作著作 TBS
制作協力 ドリマックス
放送日 2011年3月27日
放送時間 日曜 19:00-23:09
放送回数 1回
原作 小山内美江子
脚本 清水 有生
プロデューサー 柳井  満
演出 生野 慈朗
音楽 城之内ミサ
主題歌 「贈る言葉」海援隊
放送形式 映像:HD/音声:ステレオ/字幕
公式サイト http://www.tbs.co.jp/kinpachi/
ソフト化 VIDEO:×/DVD:○(コンプリートBOXに収録) ※詳細はグッズ情報

このページのトップへ

あらすじ

2010年秋、坂本金八(武田鉄矢)は翌年春の定年退職を控え、桜中学3年B組担任として最後の教師生活を送っていた。息子の幸作(佐野泰臣)は群馬県の中学校で教師となり、娘の乙女(星野真里)は同僚の湯山(蟹江一平)との結婚が決まった。

乙女の結婚式には君塚元校長(赤木春恵)をはじめ、金八が桜中学に赴任した当時の同僚が顔を揃えたが、教え子ではただ一人、岩沼幸一郎(片桐貴代司)だけが招待された。それは乙女が幼い頃に腸重積で緊急入院した際、希少な血液型だった乙女の命を輸血で救った命の恩人だったからだ。金八は立派に育った乙女と幸作を幸一郎に紹介し、感謝の意を述べる。

金八が担任する3年B組には、景浦裕也(岡本圭人)という問題児がいた。景浦はカツアゲや暴行を繰り返し、都内の中学校を転々としていたが、金八の強い希望で桜中学に転入してきた生徒だ。以来、金八はあの手この手で更正させようとするが、景浦はなかなかいう事を聞いてくれない。

ある日の授業中、理科教師の香坂保(加藤虎ノ介)は電流実験の実験台として、過去に自分を揶揄する落書きをした宮崎和志(秋山遊楽)を指名する。香坂は落書きの件を持ち出し、実験を怖がる宮崎を半ば強引に実験台にしようとするが、それを見かねた景浦が、香坂に思わず暴力を振るってしまう。学校は傷害事件として警察に通報し、景浦は逮捕されてしまった。金八は事件が引き金で軽い狭心症の発作となり、入院してしまう。

金八が入院した日、同部屋に盲腸の患者が入院してきた。患者は教え子の加藤優(直江喜一)だった。少年院を出所した人物を積極的に採用する建設会社を経営していると知った金八は、退院後に会社のある新潟県の新発田に向かう。優の仕事ぶりを見て感心した金八は、逮捕後に鑑別所送致されていた景浦の面倒を頼むが、優は金八に対し「そいつには先生がいる。金八先生はそういう奴を何があっても見捨てないんだ」と言い残し、立ち去る。

優の言葉に気づかされた金八は、景浦を再び桜中学で受け入れる事を要望する。教師生命最後の力を振り絞って更正させるという強い決意に、他の先生と保護者から了解を得た金八は、景浦を自宅で預かり、都立高校受験の合格を目指す。金八の教え子たちの陰のサポートもあり、景浦の態度も徐々に変わってきたが、3年B組の生徒たちは、そんな景浦を受け入れようとしなかった。

後日、景浦が香坂に暴力を振るった真相を知った金八は、いつまでも景浦を悪者扱いする生徒たちに対し「暴力を振るった理由も言わず、景浦をつまはじきにする君たちの方が悪だ」と非難。景浦を受け入れ、一緒に卒業してほしいと涙ながらに訴える。

金八の訴えを聞き入れた生徒たちは景浦をサポートし、景浦は高校受験に無事合格した。卒業式の後、教室の置き手紙を見た金八が体育館に向かうと、そこには3年B組の生徒と152名の教え子達が集まっていた。それは定年退職する金八の卒業式を開くためだった。教え子代表の景浦から感謝の言葉をもらった金八は、全員の出席を取った後、「ひと隅を照らす者になってください。人を包んであげられる優しい人になってください」と最後の贈る言葉を贈る。金八は桜中学に別れを告げ、荒川の土手を後にした。

このページのトップへ

キャスト

桜中学職員

役名(補足) 出演者名
坂本 金八(国語) 武田 鉄矢
立花かおり(美術) 藤澤 恵麻
川口 董子(社会) 明星真由美
木村  正(体育) 瀬川  亮
乾  友彦(数学) 森田 順平
矢沢  亮(英語) 山田 純大
香坂  保(理科) 加藤虎ノ介
鹿島田浩二(校長) 浅野 和之
北  尚明(副校長) 金田 明夫
本田 知美(養護) 高畑 淳子

3年B組

役名 出演者名
景浦 裕也 岡本 圭人
宮崎 和志 秋山 遊楽
川野 義明 石河 朋樹
澤本  仁 五十畑哉耶
伊藤 拓海 伊藤 大翔
和田  翼 金子尚太郎
関  純一 佐藤 隆平
竹之内直人 鈴木 悠人
荒井  駿 永城  優
友房  陸 三宅  史
遠藤 翔太 宮坂 健太
山崎 尚哉 恵 隆一郎
高橋  渡 目黒 皓嗣
柴崎  茜 趣   里
増田 祐美 伊倉 愛美
大蔵  彩 小野木里奈
今井さなえ 小橋 優子
森嶋ありす 斎藤 亜美
高島 優花 佐藤  初
米田 美穂 鈴木 米香
塚田  鞠 辻  美優
酒井 聖美 中原 知南
井坂  碧 平井 杏奈
玉井 美咲 増山加弥乃
上川 未来 優   希

このページのトップへ

スタッフ

エトセトラ

このページのトップへ

メモ

  • スペシャル通算12作目。今回のスペシャルで金八先生が定年退職を迎えるという設定のため、1979年から足かけ32年続いてきた「3年B組金八先生」シリーズは、この作品を持って幕を閉じることとなった。出来る限り卒業生を出演させたいという制作サイドの意向で、連絡のつかなかった卒業生に対しては新聞の芸能記事などを通して呼びかけを行った。結果、何人かの卒業生からTBSに連絡が入ったという。最終的に全8シリーズの卒業生240名中、152名が出演した。なお、第3シリーズの卒業生は、桜中学ではなく松ヶ崎中学が舞台であるという理由のため、出演者は一人もいなかった。放送日が過去に例のない日曜日になったことについては、親子揃って視聴できるようにという配慮もあり、日曜日に決定したという。
  • 加藤優(直江喜一)が新潟で経営している加藤組の話にはモデルがあり、実際に新潟県で石油タンク建設会社を経営している、安田組会長の安田光一さんがモデルとなっている。撮影も新潟県の新発田で行われた。
  • 視聴率…19.7%、瞬間最高27.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

このページのトップへ

データベース参考資料

  • 3年B組金八先生・ファイナル 本放送分

このページのトップへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check
  • Clip to Evernote
  • Share on Tumblr